So-net無料ブログ作成

22


「障害また障害の路線飛行を知らん人が、もし吹雪に出会ったら、俺は同情するよ. . . ほんとに! 俺は同情するよ! . . . 」 彼らは威厳を保つ必要があった。僕達のうぶな無邪気さを同情するかのように、僕達をすこし気詰まりに哀れんで、顔をしげしげと見ながら頭を横に振っていた。

 それから、実際に僕達の何人が、今までこのバスを最後の避難所にしていたのだろうか? 60、80? 雨の朝、無口なその同じ運転手によって運ばれていた。 僕は周りを見ていた。光る点々が暗がりの中で輝いていた。それらのタバコはそれぞれの黙想のしるしだった。年とった従業員たちの取るに足りない黙想。僕達仲間のどれだけが、参列の役目を務めていたのだろうか?
 僕は声をひそめた打ち明け話も耳にした。それは病気、金銭、家庭のくだらない心配事だった。それはその男達が閉じこもっていた、くすんだ牢獄の壁を明らかにしていた。しかも突然、運命の姿が僕に感じられた。
 年寄り役人。ここにいる僕の仲間。誰も君を決して抜け出させはしなかった。君にはそのことに少しも責任はない。君は、光の方をすきま越しにまったく見えなくするために、セメントで白蟻がするように塞ぎ、君の平和を築いてきた。君はブルジョワの安全、ルーティンワーク、田舎の生活にある息苦しい慣習、それらの中に体を丸めてきたし、いろいろな風や潮や星に対しても、そのしがない壁を築いてきたのだ。君は大きな問題には少しも気にかけたくないし、君の社会階層をどうしても忘れることができない。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。