So-net無料ブログ作成

26


 僕達はもう沿岸に戻る確信もなかった。たぶん燃料が足りなかったから。だがひとたび沿岸に戻っても、着陸地を捜し出さねばならなかった。ところが月の入りの時刻だった。方位情報がなく、すでに耳が機能していない僕達は、少しずつ目も機能しなくなっていた。月は雪原に似た霧の中で、弱い燠のようになって消え終えていた。今度は頭上の空が雲で覆われ、僕達はそれ以降、雲と霧の間で、すべての光とすべての実体のない世界の中を飛行していた。 
 僕達に応答していた着陸地は、僕達自身の情報を僕達に与えることを諦めていた。「方位測定できず. . . 方位測定できず. . .」 というのは僕達の声があちこちから伝わり、どこにいるのか分からなかったのだ。
 すると突然、僕達がもう絶望していたとき、輝くひとつの点が前方左手の水平線上に現れた。僕は熱い喜びを感じ、ネリは僕のほうに身を傾け、歌っているのを聴いたのだ! それは着陸地でしかありえなかった。その航空灯台でしかありえなかった。というのはサハラ砂漠は夜、全体が消え、大きな死の地域になるからだ。しかしながらその光は少しきらめいて、消えた。僕達は沈むときに見える星に方向をとってしまっていた。それはただ数分間だけ、水平線上に、霧の層と雲の間にあった。
 そのころ僕達は他の光がいくつか現れるのを見て、それらに代わる代わる、かすかな希望を抱いて方向をとっていた。そしてその灯が長く点いていたなら、僕達は生きるために必要な試みをしていた。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。