So-net無料ブログ作成
検索選択

34

 

                      Ⅱ
                    仲 間 達

                       1

 メルモを含んだ、数人の仲間達は不服従地帯のサハラ砂漠を越える、カサブランカダカール間のフランスの路線を確立した。当時のエンジンはほとんど耐久力がなかったので、故障によってメルモはモール人の手に渡ることになった。彼らは彼を虐殺するのをためらい、彼を十五日間、捕虜にして、それから身代金と引き換えになった。それなのにメルモは同じ地区の上を通る郵便飛行を再開した。
 南米路線が開かれると、いつも時代の先端を行くメルモはブエノスアイレス~サンティアゴ間の調査を担当させられた。つまりサハラ砂漠に橋を架けたあとは、アンデス山脈の上に橋を架けることだった。彼は上昇限度五千二百メートルの飛行機を預けられた。アンデス山脈の頂は七千メートルの高さにそびえている。それでメルモは山峡を探しに離陸した。砂のあとに、メルモは山にも立ち向かった。風の中、雪のスカーフを放すその峰々にも。雷雨を前にした、光の薄れた状況にも。ふたつの岩壁にはさまれて、一種の真剣勝負をパイロットに強いる、非常に激しい乱気流にも。メルモは敵対者を何も知らないで、それほどの重圧から生きて脱出できるかどうかも分からずに、戦いの中に身を投じていた。メルモは他の人達の為に「試験飛行」をしていたのだ。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。